シングルの住まいの購入

マンション

物件選びの傾向とは

30代や40代の仕事を持つシングルが多い東京では、通勤に便利な場所にある、コンパクトサイズのマンションへの需要が根強いです。大手不動産会社も東京都心に近いエリアで積極的に新築物件を販売していますが、リーズナブルな価格の中古マンションを選ぶ人も多いです。2000万円台で購入可能な中古マンションは、不動産情報サイトでも評判になっており、特に売買件数が増えているのはリフォーム済みの物件です。リフォーム済みの中古マンションは、キッチンの使い心地も良いために、日ごろから自炊をしているシングルにも最適です。しかし広いリビングルームのある物件も大人気であり、高収入のビジネスマンが選ぶのは、リフォームで間取りを変更した中古マンションです。また居住目的で東京のマンションを買う場合でも、将来的にはライフスタイルの変化に合わせて、自宅を売却するのが一般的です。したがってアクセスにこだわって住まいを探す場合であっても、資産価値の高さに注目して、物件情報を厳選する傾向も著しいです。お洒落な街並みに魅力を感じてマンションを買う人もいますが、数年後に人気が高まるエリアを予測して、割安な物件を発掘するのが静かなブームです。不動産情報サイトでこまめに東京のマンション価格を調べて、お得な物件を見つけるのが、値上がり益を確保するためのポイントです。そして結婚する人も多いために、一人暮らしであっても2LDK程度の中古マンションを購入して、将来に備えるのが理想的です。